名探偵コナン第59話「初めてのお使い殺人事件」のあらすじ・感想

どんな話?

米花町商店街が企画した、はじめてのおつかい大会。少年探偵団は、地元のケーブルテレビで流す映像の記録係として参加していた。
担当するひろしくんの順番がきたが、肝心のひろしくんはひとり遊びを始めてしまい、なかなか前に進まない。と思っていたら急に走り出し、踏切に阻まれひろしくんを見失ってしまった探偵団。
その後も気まぐれな行動のひろしくんをたびたび見失うものの、コナンの推理でなんとかあとをついていく。
ようやく買い物リストにあるお店までやってきたひろしくん。とその時、車道に停まっていたトラックの荷台から、鉄パイプが落ちてきた。
鉄パイプはひろしくんの横をかすめて転がっていく。コナンは鉄パイプを留めていたロープが、誰かに切られていることに気づく。
その後も道路を横断するひろしくんめがけ、サイドブレーキをかけていたはずの車が坂道を下ってきた。コナンが蹴ったサッカーボールによって、ギリギリで車の進行方向を変えることに成功。
誰かがひろしくんの命を狙っていることを確信したコナンは、急いでひろしくんを探しに行く。路上に落ちているヤイバー人形を見つけ、ひろしくんが誰かにさらわれたことに気づく。。。

みどころ

#少年探偵団

少年探偵団が地元での活動を大切にしていることが垣間見える回。自らを運営に売り込み、商店街が企画したイベントの記録係を買ってでたのです。
運営委員会のテントには、商店街会長や商工会会長と並び、「名探偵」の肩書きで小五郎も座っています。当の本人はまったくやる気なし。
「商店街は大事なお得意様だ」と、その態度を蘭にたしなめられています。しっかりした娘でよかったですね笑

#米花商店街

道路わきに展開する、昔ながらの商店街。豆腐屋さんやおもちゃ屋さん、お肉屋さんなど個人商店が並ぶ一方、チェーン店はそれほど多くなさそうです。
その反面、道路は赤いレンガ風の作りとなっており、モダンな印象を与える雰囲気です。客層も独身風の若い女性から子連れ、スーツ姿のおじさんまで、幅広く活気があります。
もともとはじめてのおつかい大会自体、商店街の「大売り出し記念イベント」と銘打ってますので、商工会がしっかり運営していることも一因でしょうね。

#ひとこと

おつかい大会中に殺人事件が発覚。ローカルニュースのトップはきっと差し替わったでしょうね。

コナンクイズ(答えはぜひアニメで見つけてください!)

1.ひろしくんのおつかいの課題は? A:歯ブラシ、油揚げ、祝儀袋
2.ひろしくんが渡った線路を走っていた電車の色は? A:黄色
3.坂道を下ってきた車のナンバーは? A:新宿57 さ 31ー15

Huluで名探偵コナンを観る(Huluへ飛びます)