名探偵コナン第66話「暗闇の道殺人事件」のあらすじ・感想

どんな話?

夕食の帰り道、小五郎たちは旧友の大村と同窓会以来出会った。相談がある、という大村に誘われ、自宅へ向かう。
ビールを飲んでいると、大きな物音とともに大村宅の窓ガラスが割れていた。外を見ると、男性が遺体となって横たわっていた。
目暮警部たちが駆けつけ、現場検証が始まる。
遺体のそばにいたのは、亡くなった生田と米花大学の同級である日下。そこに、同じく同級の清水が駆けつけ、生田は直前まで山岳部仲間で酒を飲んでいたことがわかった。
それぞれが生田となんらかの因縁があり、殺害の動機になりえる。
飲み会が行われた竹野の部屋の真下に位置する大村の部屋を調べていたコナンは、割れた窓ガラスの破片に血痕を見つけた。
と同時に、鑑識も向かいのビルに血痕を発見する。これらの証拠から、コナンは犯人のトリックを確信する。

みどころ

#高木刑事

3度目の登場。今回は、鑑識が血痕を発見する現場に立ち会ったほか、コナン(眠りの小五郎)の指示で、犯人のトリック解明のためにビルの屋上へ行ったり、凶器で狙われたり、
主要キャストとして大活躍します。

#山岳部

今回の容疑者たちは、大学の山岳部でした。犯行動機も、過去の遭難事件に端を発したもの。
コナンでは、たびたび登山がテーマとなる事件が出てきます。
登山をテーマにしたミステリーは、和洋問わず世界中でたくさんありますね。
我々が暮らす街と地続きであるものの、ひとたび足を踏み入れればまったく別の顔をのぞかせるのが山です。
今回は、過去の悲しい事件の真相をめぐる悲話でもあります。

#ひとこと

昔の大学生って、大人っぽくないですか?

コナンクイズ(ドラッグすると、答えが見れます)

1.事件が起きた日時は?? A:7月7日
2.大村がお開きにしよう、といった時間は? A:2:17

Huluで名探偵コナンを観る(Huluへ飛びます)